スポルトジャパンとは

image01

タケダスポーツクリニックの院長である武田 康志と副院長の武田 りわによって、設立されたNPO法人です。
正式名称 NPO法人スポルトジャパン日本競技スポーツ支援機構 となります。

 

当法人理事長である武田 康志は、スポーツドクターとして診療を行うのと並行し、

これまで多くのスポーツトレーナーの育成にも力を注いで参りました。

『プロの世界でも通用する、本物のトレーナーを育てたい!』

という強い思いがあるからです。

長年に渡り、プロサッカーの世界に携わって来て、チームドクターだけではなく、

トレーナーの実力がアスリートのパフォーマンスや怪我した選手の回復における経過、

ひいてはアスリート人生の行方を左右する実態を現場で痛感してきました。

医者として、怪我をした患者様を診断し、ベストの治療を提供する事と同時に、

怪我をしにくい身体作りや、怪我をした際の現場での適切な処置、

治療後の適切なリハビリを指導出来るメディカルスタッフを教育していくこと。

これは、武田康志だから出来る、武田康志でなければ出来ない事だと思っています。

 

近年、都市化や核家族化・少子化等の進展と、高度な情報化・経済のグローバル化等の社会の変化によって、

子どもを取り巻く家庭や地域の環境は大きく変化しています。

それに伴い、子どもや青少年を取り巻く課題も、以前から存在するいじめ、不登校、引きこもり、家庭内暴力、少年犯罪等に加えて、

近年はフリーター、ニート、小1プロブレム、中1ギャップ等の言葉を耳にするようになりました。

いずれの課題にも共通して指摘されるのは、新しい環境や思い通りにならない局面に対する対応力や耐性に欠けていること、

周囲と適切な人間関係を形成する能力が欠けていること、

努力し課題を解決していく自信と意欲に欠けていること、

学習意欲や勤労意欲が低く自立して逞しく生きる力に欠けていることなどです。

そこで、これからの時代を担って行く子ども達に対して、

画期的なプログラムや環境の提供など、様々なイベントの企画・運営の実施を目指しています。

スポーツ交流や自然体験型などなど、地域との交流も図りながら、

様々な体験が出来るイベントを提供していきたいと思っています。

『スポルトジャパン』では、トレーナー育成だけではなく、

子ども達のスポーツ教室、親子セミナー、プロアスリートとの交流会といったイベントも企画して参ります。

スポーツを楽しむこと、スポーツを通して健全な心と身体を育む事を応援して行きます。

 

そして

もう一つの柱が…スポルトキッズ

子ども達に放課後の時間を利用して、スポーツに限らず、

食育や家庭菜園、音楽、ダンス、英語、仕事体験、環境と命の授業、キッズプログラミング等々…

多岐にわたるプログラムを自由に体験して、

自分の『好き』『楽しい』『もっと知りたい』を発見してもらいたいと思っています。

これからの未来を逞しく生きていく為に必要な力…

例えば、感動、好奇心、探究心、向上心、コミュニケーション力、根性、信頼感、自己肯定感…等を磨きながら、

「考える力」「行動力」「学ぶ力」「思考力」「判断力」「表現力」を伸ばしていく事が狙いです。

・医者としての使命
・親としての願い
・クリニックとしての社会への貢献
それらを突き詰めて行くうちに、こうした形に辿り着きました。

現在はスポルトキッズを運営し、様々なプログラムを実践中です☆

 

今後とも、NPO法人スポルトジャパン日本競技スポーツ支援機構を、どうぞよろしくお願い申し上げます!

この趣旨にご賛同頂ける方や、応援して頂ける方は、是非、スポルトジャパンの会員として、活動の応援をよろしくお願いします。

NPO法人は、皆様方のご支援にて成り立つ特定非営利団体です。

ご支援頂ける方や応援して頂ける、個人様や法人様、どうぞよろしくお願い致します。

・スポーツが好きな方
・情熱のある方
・こども好きな方
・地域貢献・社会貢献に興味がある方
・スポルトキッズが好きな方
・タケスポが好きな方

 

 

NPO法人スポルトジャパン日本競技スポーツ支援機構への寄付等によるご支援をお願いします。
正会員・賛助会員・寄付に関するページはこちら